ありがちなお悩みBest3

下半身
no.1

見た目が恥ずかしい

銭湯や温泉、小中高校のプールの授業に修学旅行、あるいは公衆トイレなど、日本で生活していると、陰部をひと目にさらす機会は意外と多くあります。包茎であることにより、そのすべてのタイミングが楽しめないという方も多いのではないでしょうか。

no.2

不衛生である

垢が溜まりやすかったり、汗が乾きづらかったりすることで、最近が繁殖しやすいのではないかという不安がつきまといます。場合によっては匂いを発してしまうこともあるかもしれません。

no.3

早漏および性病

普段、亀頭があまり刺激を受けない状態なので、とくに仮性包茎の場合はいざというときの刺激に弱くなってしまいがちです。また、衛生的な問題も含め、性病のリスクも高まります。パートナーがどう思っているか、満足させられているか、男としては気になるポイントでしょう。

包茎手術でお悩みを解決!【自信を持って裸の付き合いを楽しもう】

包茎の治療・改善方法

これらのお悩みを解消する方法は大きく分けて2つ。手術とグッズです。手術をするとなると、人工的に陰部の姿かたちを変えることになりますので、実際に手術を受けることには大きな抵抗のある方も多いでしょう。(ただし、いわゆる真性包茎や嵌頓包茎と言われる状態の方は、すぐにでも手術することをおすすめします)
その点、グッズは比較的手が出やすい解決法かもしれません。費用も手術に比べれば少額でしょう。しかし、グッズの中にはその効果が疑わしいものも数多くありますし、グッズを使っていない間は通常の包茎と何ら変わりませんので、根本的な解決にはなりません。

包茎手術のリスク

実際のところ、包茎の唯一、確実な治療法は手術だけです。では、その手術はどれくらいのリスクがあるのでしょうか。
「手術」と聞くと大変なことであるというイメージを持つ方が大半だと思いますが、包茎手術は病気やケガを治すためのものではありませんし、常に体の外に露出している部分を対象としたものなので失敗する確率は非常に低いと言えます。麻酔をしていれば、強い痛みを伴うこともありませんし、副作用も少ないと言えます。事前に信頼できるクリニックを選び、しっかり担当医と話して疑問や不安を解消しておけば、それほどリスクの高い手術ではありません。思い切って手術を受けることで上記のような悩みが解消し、人前に出ることやパートナーとの大切な時間をより楽しめるようになるなら、10万円以上はかかる費用も高くはないのかもしれません。

意外!海外では包茎は普通のコト

ちなみに、日本では包茎は良くない、恥ずかしいというイメージが一般的ですが、翻って海外を見てみると、包茎であることはごく普通のことだったりします。かの有名なダビデ像のように、包茎であることを恥ずかしがっている男性は皆無なのです。むけているに越したことはないのかもしれませんが、たとえ包茎だったとしても、せっかくの温泉や銭湯くらいは堂々と楽しんでよいのではないでしょうか。

広告募集中