包茎手術はクリニック選びが大切!【病院?専門クリニック?】

SOS

病院で治療or専門クリニックで見た目UP

包茎手術を受ける際、まず最初に考えなければならないのが、どこで手術を受けるか、ということです。
選択肢は2つ。包茎治療専門のクリニックと病院の泌尿器科です。
ここで注意したいのが、包茎の状態です。真性包茎や嵌頓包茎は医学的にも治療が必要とされており、病院の泌尿器科でも専門クリニックでも治療・手術を受けることができます。一方、痛みや締め付けなく亀頭を完全に露出することができるような仮性包茎は、本人が気にしていなければ治療の必要はありませんので、手術を受けられるのは美容が目的となる専門のクリニックのみとなります。
以下に、それぞれのメリット・デメリットをまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

男性

包茎治療専門クリニックのメリット・デメリット

包茎治療専門のクリニックは、単純に余った包皮を取り除いたり亀頭を露出させたりするだけではなく、術後の見た目の良さ、自然さも考慮した手術を受けられることが大きな特徴と言えます。また専門のクリニックですので、クリニックや医師の実績・経験も泌尿器科に比べて豊富である可能性が高くなります。
一方、クリニックでの包茎手術は美容目的の整形と同じ扱いなので、保険を適用することができません。すべて自費による診療、手術となります。クリニックによって料金も異なりますが、亀頭増大術や長茎術のような手術を選べる場合もあります。こうしたクリニックでは、ホームページで過去の実績や費用を公開していることも多いので、複数のクリニックを比較・検討し、実際に担当医のカウンセリングも受けたうえで信用の置けるクリニックを選ぶと良いでしょう。

下半身

病院(泌尿器科)のメリット・デメリット

病院での治療のもっとも大きなメリットはやはり、保険が適用できることでしょう。手術後のアフターケアを含めても、多くの場合、専門クリニックよりも費用は低く抑えられます。また、軟膏等による手術以外の治療方法を受けられるのも病院の特徴と言えるでしょう。まずは手術以外の治療法で様子を見て、それでも改善しなかった場合に手術を受けるといったように、段階を踏んだ治療が受けられるので、納得感は高いと言えます。しかし、あくまで病院は包茎という症状の治療・改善を目的としているので、手術後の見た目も大切にしないならベストな選択にはなりえないかもしれません。
なお、前述のとおり通常の仮性包茎の方は病院は選択肢には入りませんが、病院や担当医によって、真性包茎か仮性包茎かの判断に違いが出ることもありますので、一度受診してみる価値はあるでしょう。

広告募集中